木造住宅

木造住宅 リノベーションで家の寿命を延ばす【驚くほどの耐震性】

今の木造住宅に住み続けたい人

 

家が古くなったが

修理にお金緒をかけて

無駄にならないか心配・・

そもそも木造って

つぶれやすいのかな?

 

 

 

そんな疑問にこたえます。

 

一級建築士で35年仕事をしています。
木造住宅の場合はリノベーションで、驚くほど長く住宅寿命を延ばすことができます。

リフォームという言葉は一般的です。
最近耳にするリノベーションについても、合わせて解説します。

 

 

 

家の寿命は驚くほど長く伸びる

木造の木造住宅はリノベーションで、驚くほど長く寿命を延ばせます。

 

・寿命を延ばすための耐震補強
・耐震補強工事を進める3STEP
・3STEP工事の具体的内容
・耐震補強で寿命は驚く程延長
・数値で判定できる耐震性能

 

以下で解説します。

寿命を延ばすための耐震補強

木造住宅で寿命を延ばすための工事は、耐震補強工事です。

 

工事によって、目的が違います。

リフォーム もともとの仕様に復旧したり、新しくする
リノベーション 耐震性や機能を向上させて、全体的な性能アップ
コンバージョン 別の用途に変更させたり、新しい用途が加わる

 

リフォームの場合、美観上や修理の要素にとどまるので、
木造住宅の価値向上につながりません。

耐震性や機能を向上させるようなリノベーションにより、全体的な性能をアップさせる必要があります。

 

耐震補強工事を進める3STEP

耐震補強工事を進める3STEPを紹介します。

 

3ステップ

STEP1 耐震診断
STEP2 耐震補強計画・設計
STEP3 耐震補強工事

補強のための段階 概要 実施先
STEP1耐震診断 現地調査結果や図面で耐震診断 建築士事務所又はインスペクター
STEP2計画・設計 耐震補強計画を設計図でまとめる 建築士事務所
STEP3耐震補強工事 見積、契約後に具体的な工事実施 施工業者

 

STEP1・STEP2

建築士事務所やインスペクターに相談します。
診断や計画段階から施工業者が加わると、その業者の得意分野に偏る場合や金額交渉がしにくくなります。

 

 

STEP3

見積もりを比較して、施工業者を決めていきます。
仕様書は建築士事務所に依頼するか、自分で希望を洗い出して相見積りを取りましょう。
比較の際、専門家と相談すると心配はなくなります。

 

 

3STEP工事の具体的内容

 

3STEP 耐震補強工事の内容

1.壁の補強・増設とバランス補正
2.接合部の補強
3.基礎の補強
4.水平構面の補強
4.劣化部材の補修
6.住宅の軽量化

 

項目の詳細

木造住宅 リノベーション30年補強工事【確認する6ポイント】

 

 

 

数価で判定できる耐震性能

耐震性能は数値で判定できます。

 

耐震性能は建物上部の構造部分の評点、基礎部分、地盤部分の危険性で判定できます。

 

 

建物が倒壊しない性能

上部構造評点(1.0以上:倒壊ない)
=建物が保有する耐力 > 必要耐力

・上部構造評点

「建物の保有する耐力」を地震の際に建物に加わる「必要耐力」で割った
値が1.0以上になれば「倒壊しない」という判定になります。

 

・建物の保有する耐力
筋かいや構造用合板などの建物が持っている耐力要素の合計です。

 

・必要応力
建物に加わる地震力であり、建物仕様や床面積等によって決まります。

 

 

住宅寿命を延ばすイメージ
1 →2 →3

 1.上部構造評点を高める

2.耐震性能が高まる

3.住宅の寿命が延びる

 

国策も、耐震補強を推進
現在、大地震を大きな分岐点として、安全を数値化する動きが進みました。
住宅の最適補強は建築基準法で想定する指針に基づく、住宅の耐震診断法があります。

数値化した形で自分の住宅の耐震性能がわかれば、具体的な補強計画に繋げることが出来ます。

 

木造住宅の活用
国土交通省
https://www.mlit.go.jp/common/001237294.pdf

 

 

他の構造より寿命が長い訳【補足】

木造住宅は最も安価に補強が可能なうえに、一番長く寿命が伸ばせます。

 

その背景と理由

・主要構造部「木組み」の歴史
・接合部分 補修、補強が容易
・木材自体の性能が優れている
・鉄筋やコンクリートの問題点

 

 

住宅建築の多くは木造です。

 

【法隆寺はお手本】

森林が国土の70%をしめます。
材料の調達が容易だったという理由はありますが、それだけではありません。
日本最古の木造建築物である法隆寺は、とても有名です。
世界で最も古い木造建築で、築1300年とはやっぱり驚かされますね。

日本では、鉄やコンクリートの歴史は浅く、
単純に諸外国との比較はできませんが、
法隆寺などの古い建築物が、現在まで、ほぼ原形を保ってきた理由があります。

 

 

耐用年数と実際の寿命とは関係がありません。

*耐用年数の補足

木造住宅 リノベーションで価値を向上させる【相場価格と耐用年数】

 

 

 

以下に解説にをすすめます。

主要構造部「木組み」の歴史

主要構造部に対して、伝統的な木組みの歴史があります。

 

木造建築の場合、接合部分を強化すべき箇所はわかりやすいです。
加えて、木造建築の「木組み」技術のおかげで、
一般住宅にも町の大工さんに引き継がれる形で、浸透してきました。

かつて、鉄が貴重な材料だった時代より、はるか以前から木造建築は存在していました。
金物を一切使わない「木組み」は、構造的に徹底的に探求し尽くされています。
さらに、鉄の普及とともに、補強金物類による構造補強が可能となりました。

 

 

 

接合部分 補修、補強が容易

木造の接合部分は目で確認でき、
補修や補強が容易です。

別の材料どうしが接触しないので、
木材の特徴を引き出すことが出来ます。

 

構造別 接合する部分の比較表

構造名称と材料 接合方法 ポイント
鉄骨鉄筋コンクリート 溶接・配筋・ボルト 溶接精度、配筋被り、ボルトピッチやサイズ・コンクリート強度
鉄筋コンクリート 溶接・配筋・ボルト 溶接精度、配筋被り、ボルトピッチやサイズ・コンクリート強度
鉄骨 溶接・ボルト 溶接精度、配筋被り、ボルトピッチやサイズ
組積造 鉄筋・モルタル 組積の工法により接合の決め手に欠ける
木造  木組み・金物 木組み、補強金物(板金・ボルト)

 

接合部分の説明

主要に地面を除く、基礎・土台・床・壁・梁・柱・階段・天井・屋根等があります。
特に、建築基準法では主要構造部を「「壁・柱・床・梁・屋根又は階段」と定義しています。

 

建築物の耐久性につながる場合を前提にすると、
雨水の侵入や地面からの浸水などの影響も関係しますので、
副構造部分の仕舞部分は除外して、比較表を参考にして下さい。

 

 

木材どうし摩擦力で強化

本来、建築物の構造部分には、箇所ごとに圧縮・引っ張り・たわみ等に対しての耐力が必要です。
注目点は、木造の場合は、木組みで木材同志の組み合わせによって繋ぎ合わせている点です。
木造の場合、施工の手順毎に確認が容易というメリットがあります。

 

 

 

 

木材自体の性能が優れている

木材自体の性能はとても優れています。

 

建築構造の性能を検討する場合、場所に応じて、以下の応力要素があります。

 

強度に関係する分類

力の種類に対する対抗力(応力) 動作性
軸方向応力 引張 引っ張る力(鉄筋コンクリートは鉄筋は負担)
軸方向応力 圧縮 押さえつける力(鉄筋コンクリートはコンクリートが負担)
せん断応力 ねじり、ズレ (素材粒子の性格が影響)
曲げモーメント応力 たわみ、曲げ (引張・圧縮・せん断が影響)
その他 風雨からの耐候性 (酸化・シロアリ等の被害)

 

木材の性能

力の種類に対する対抗力(応力) 性 能
軸方向応力 引張 総じて優秀で、鉄・コンクリートを上回る
軸方向応力 圧縮   一定太さ以上になると、鉄・コンクリートを上回る
せん断応力 種類と状態によるが、鉄・コンクリートに負けない
曲げモーメント応力 粘りがあり、曲げに強く、鉄・コンクリートを上回る
その他 雨水による風化に弱く、シロアリ等の虫害に注意

 

木材、他材料との比較

引張応力対比 鉄の3倍以上、コンクリートはほぼ0
圧縮応力対比 鉄の2倍以上、コンクリートの5倍以上
曲げモーメント対比 鉄の15倍以上、コンクリートほぼ0

 

木材は、各応力ともに鉄・コンクリートを上回る性能です。

 

えっ、鉄筋コンクリートは丈夫でないの?
となりますね。

 

鉄やコンクリートの問題点

鉄やコンクリート造は丈夫と考えがちですが、その後建物の寿命を延ばすことはとても大変です。

 

 

鉄やコンクリートの問題点

 

鉄筋コンクリートの問題点

鉄筋コンクリート造は工程が複雑で、精度的にばらきが出やすい。
鉄やコンクリートには、材料が持つ性能上、それぞれに長所と欠点があります。
その為、長所を引き出し欠点を補うため、建築基準法では、仕様について詳細に規定しています。
監理する側の立場として、建築士等の逐次確認や建築基準法による法的中間検査が存在します。

 

一方、施工側については、鉄筋やコンクリートの工事工程ごとに分業化が進んでいます。
木造に比べると、鉄筋コンクリート造は工程ごとに多くの確認が必要であるため、
施工精度、ひいては構造上耐力については信頼性にばらつきが出やすいのです。

 

 

鉄骨造・組積造の問題点

鉄骨造は素材が鉄なので錆が出ます。鉄骨は錆び止めをしたり、
酸化防止処理をするなどの処置はしますが、恒久対策にはなりません。
鉄やコンクリートの耐用年数は、木造よりも多いとは言いきれないのです。

さらに、組積造に至っては、ほとんど接合方法に対しての決めてがなく、
地震が多い国内において明治大正の古建築が珍しいとされる理由なのかもしれません。

 

 

補足

鉄筋の役割
引っ張る方向に発揮します。曲げることが容易なので、コンクリート造と一体に使用します。

コンクリートの役割
圧縮される方向に発揮します、雨水の侵入防止など耐候性に優れているのが特徴です。
鉄は酸性で、コンクリートはアルカリ性。鉄筋コンクリートの内部で中和して劣化を補う役割があります。

 

鉄筋コンクリート造の特徴
鉄筋コンクリート造のビルが簡単に壊れないのは、鉄筋のおかげです。
コンクリートは圧縮強度を期待する以外では雨水に対する養生のような役目と、
鉄筋部分の酸化進行の防止の役割りです。
コンクリートは、亀裂が入り、拡大にともない簡単に崩壊してしまいます。

 

 

 

まとめ リノベーションで家の寿命を延ばす【木造住宅】

リノベーションで家の寿命を延ばす

 

必要な3つのステップ

STEP1 耐震診断
STEP2 耐震補強計画・設計
STEP3 耐震補強工事

STEP1・STEP2

建築士事務所やインスペクターに相談。

 

STEP3
見積比較検討して、適切な金額を決める。

 

 

6つの重要ポイント

1.壁の補強増設とバランス補正
2.接合部の補強
3.基礎の補強
4.水平構面の補強
5.劣化部材の補修
6.住宅の軽量化

 

関連記事

木造住宅 耐震補強工事で地震に備える3ステップ【リノベーション】

 

                                   

-木造住宅
-, ,

Copyright © , 2019~2020 All Rights Reserved

お問い合せ