木造住宅

木造住宅 リノベーション 地震に強い補強をする【天井裏、小屋組】

地震に強い補強方法を
具体的に知りたい方へ

 

 

よくある質問

「木造住宅を補強して、地震に備えたい。」

「リノベーションの際、一緒に補強工事をしたい。」

 

 

こんな質問にこたえます。

 

 

一級建築士で35年仕事をしています。
地震が多い日本では、木造住宅に対して補強工事をしておく必要があります。

今回は、木造住宅の天井裏に対する補強方法を解説します。

 

 

 

リノベーション 地震に強い補強【天井裏、小屋組】

木造住宅の天井裏には、鋼製の補強金物を使って補強してください。

 

よくある質問

・なぜ天井裏に補強が必要ですか
・どこに補強が必要ですか
・鋼製金物以外の方法はありますか
・誰でもできますか

 

よくある質問にこたえます

国内での一戸建て住宅は、ほとんどは木造軸組構造です。

 

外来工法のツーバイフォー工法は、一時期ブームとなりました。
それでも、やはり主流は木造軸組み工法です。

 

記事では、木造軸組み工法に対して解説します。

 

 

なぜ天井裏に補強が必要ですか

天井裏の水平部分に補強金具を使うことにより、壁・柱・はりが一体化するようになるからです。

 

 

木造住宅では、壁・柱・はりが一体となって地震に耐えるようになっています。
地震に強くするための、一つの方法として、水平構面の補強をすることが有効です。

 

補強イメージ

イメージは、箱を横からひねるとき、中の水平部分は、簡単にはつぶれません。
具体的には、箱の上ふたや底の部分にあたります。

 

どこに補強が必要ですか

水平構面に該当する箇所は、小屋組(天井裏)の水平部分と2階の床面の水平部分です。

 

小屋組の補強に加えて、1階に1辺が4M以上のような吹き抜けがある場合は、
2階の床面には補強が必要です。

 

大きな段ボール箱は、簡単に横ひねりでつぶれます。
中間に仕切りがあると、かなり力を入れないとつぶれません。
そのようなイメージです。

 

1辺が4M以上の吹き抜け

 

鋼製金物以外の方法はありますか

木製の火打ち梁(ひうちばり)とボルトを使って補強する方法があります。

 

 

また、寺社仏閣などの、宮大工さんの伝統技術としての木組工法があります。
この場合、一斉金物を使いません。

 

問題は、一般的住宅の大工さんの場合、技法的にわかっていても技術にむらがあります。

 

最近は、鋼製金物で取り付ける方法が主流です。
この方が、自分でやる場合には信頼性が高いやり方です。

 

 

誰でもできますか

構造の仕組みが判れば可能です。

 

施工の際に難易度が高すぎるや
安全性の疑問を感じた場合は
工務店や大工さんなどに依頼してください。

 

 

例外【依頼するケース】

・確認しても、補強箇所がわからない
・構造・が複雑で難易度が高い
・高すぎたり、足場の確保が困難

 

工事に向けての課題

・仕組を理解する
・小屋裏の現状確認
・必要な金物を調達する
・道具をそろえる
・高所作業への安全対策

 

・仕組を理解する

よく民家の「いろり」があるような部屋には天井がありません。
そのような屋根裏様子を思い起こしてください。

古民家風の建物や京都の町家な出では天井がなく、
梁と梁をつなぐ斜めに木材がかかっている建物を見かけることがあると思います。

 

それが水平構面の補強になっています。
名称は火打ち梁(ひうちばり)と呼びます。

 

 

木製火打ち梁

 

鋼製火打ち梁

 

・小屋裏の現状確認

新築段階から箱金物と言って、梁とタテ方向の束(つか)を繋げる金物がついているはずです。

 

設置がなければ、手抜き工事です。
大変危険なので、すぐに補強が必要です。

 

建物全体の角周りをみて、火打ち梁の存在を確認してください。

 

 

 

・必要な金物を調達する。

最近は、ネット販売でも多様な金物を直接販売しています。
確認作業段階から、工務店や建築士事務所へ依頼する場合は、推薦金物を示してくれます。

金物自体は数万円程度です。地震への対策とすれば、安価だと理解しましょう。

 

 

・道具をそろえる

電動ドリル・スパナレンチ 大きくはこの2つだけです。

金物用ボルトを縫い込むために、穴をあけます。
そのためのドリルと、ボルトを締めるスパナレンチです。

 

 

・高所作業への安全対策

高いところからの落下防止です。
大型の脚立を用意してください。
天井面は簡単に下に踏み抜いてしまうので、絶対に天井面に体重をかけるのはやめましょう。

建物の要所4つの角周りの天井部、吹き抜け周りの天井を取り外し作業の難易度が高すぎる場合は
工務店や大工さんに依頼するようにしてください。

 

 

 

 

出来るだけ自分で取り組んでみましょう。

途中で、断念する場合は工務店や大工さんに相談するときでも、
あらかじめ知識があるので納得がいかない金額に膨らむことはありません。

依頼する側の知識が豊かであれば、業者の選別が可能です。
その結果、信頼性の高い補強工事が出来るようになります。

 

 

公正な判断で解決

一旦工事業者に声をかけて、断ることが困難になったり、紛糾しかけた場合は、設計事務所に依頼をかけてください。
普段の設計業務と直接関係なくても、専門的な知識が前面に出ると、無理なことができなります。

 

 

設計事務所を身近に

設計事務所では、建築上の相談に気軽に応じてくれます。

工事に関しては、着手する前の確認段階や仕様決定及び見積の妥当性確認まで、受け入れ可能です。
建築知識の引き出しも豊富なので、思わぬところで、相談メリットが出るかもしれません。

 

大切なこと

・自分でチャレンジ 納得いく補強工事
・公正な判断で解決 ⇒トラブルが発生なし
・設計事務所を身近に相談メリットあり

 

 

補強工事の6種【補足】

木造軸組み構造の補強工事は、以下の6種に分けられます。

 

地震に強い補強工事

1壁の補強・増設とバランス補正

2接合部の補強

3基礎の補強

4水平構面の補強

5劣化部材の補修

6住宅の軽量化

今回は、上記のうち 「水平構面の補強」について解説しました。

 

まとめ

よくある質問への回答

・なぜ天井裏に補強が必要ですか
⇒全体構造を一体化する・どこに補強が必要ですか
⇒小屋裏と2階床面(広い吹き抜け)

・鋼製金物以外の方法はありますか
⇒伝統的な木組みがあります(稀少)

・誰でもできますか
⇒知識を得て、最終形までは誰でも
危険性が大きければ施工は専門業者

例外【依頼するケース】

・確認しても、補強箇所がわからない
・構造が複雑で難易度が高い
・高すぎたり、足場の確保が困難

 

関連記事

木造住宅 耐震補強工事で地震に備える3ステップ【リノベーション】

 

-木造住宅
-, ,

Copyright © , 2019~2020 All Rights Reserved

お問い合せ