木造住宅

木造住宅 購入 注意しておくべき 重要事項【気がかりは事前メモ】

住宅の購入時に
業者から説明を受ける人へ

 

 

よくある質問

「いろいろと説明されるが、何が重要でそうでないかわからないです。」

「何となく知りたいが、重要でないとか判断がつかないです。」

「軽く扱われそうで、そのうちに質問の機会がなくなりそうです。」

 

 

そのような疑問と方策について解説します。

 

一級建築士で35年仕事をしています。
今回は、『木造住宅 購入 注意しておくべき 【気がかりは事前メモ】』のテーマで、重要事項となる部分を解説します。

 

さらに、注意点の確認方法を提案します。

 

 

 

木造住宅 購入 注意しておくべき重要事項

不動産取引業法による

重要事項説明書

 

不動産取引法のうち、実取引上を円滑に進めるため、宅地建物取引業法があります。
この中では、「重要事項説明書」書面を使っての、説明責任を負わせています。

 

この重要事項の説明行為は、義務付けされています。

履行されない場合には、罰則規定があります。【通称35条書面、宅地建物取引業法】

 

 

「重要事項説明書」の内容

 

ー取引物件に関する事項ー

(1)登記記録に記録された事項

(2)法令に基づく制限の概要

(3)私道に関する負担に関する事項

(4)飲用水・電気・ガスの供給施設および排水施設の整備状況に関する事項

(5)宅地造成または建物建築の工事完了時における形状・構造等に関する事項

(6)区分所有建物の場合の敷地に関する権利、共用部分に関する規約等の定めなどに関する事項

 

ー取引条件に関する事項ー

(1)代金、交換差金および借賃以外に授受される金銭に関する事項

(2)契約の解除に関する事項

(3)損害賠償額の予定または違約金に関する事項

(4)手付金等の保全措置の概要(不動産会社が自ら売主になる場合)

(5)支払金または預り金の保全措置の概要

(6)金銭の貸借のあっせんに関する事項

(7)瑕疵担保責任の履行に関する措置の概要

 

ーその他の事項ー

(1)国土交通省令・内閣府令で定める事項

(2)割賦販売に係る事項

 

 

注意しておくべき重要事項は 大きく4分類

住宅購入には、知っておくべき重要事項として、
大きく4つに分類できます。

 

1)土地建物の状態に関する情報

2)建物の権利に関する情報

3)売買に関する情報

4)借り入れに関する情報

 

実際に、住宅を購入する局面になると、だんだん細かなことまで気になってきます。

直接、法律が関係することから、銀行融資の問題、周囲の環境や立地条件等。

近隣住民の性格にまで、つい聞き込みたくなるかもしれません。

 

義務付けされた情報だけでは不十分になります。

 

 

気がかりで、注意するべき情報は、実は書面化しにくい

宅地建物取引業法の「重要事項説明書」だけでは不十分です。

 

1質問の整理ができていない

自分が知りたい情報は何か‥‥、それを相手に伝えること自体、そうとう消耗するものです。
知りたい情報を、あらかじめ書面化して入手するのが困難な理由です。

このことは、重要事項として説明する側も流通させることが主題なので、相手に応じて、きめ細かく整理できません。

 

2質問の仕方がわからない

知っておくべき情報について、なんとなく気になることがある。
知りたくても、予備知識がない以上、質問の趣旨が伝わらない場合があります。

 

3.知識が不足すると問題が発生

やはり、知識として蓄えておかないと、いろんな問題が発生します。
住宅購入後、居住しはじめて知る法律上の制限。転売時まで知らなかった不利益情報。
改装を計画しても、融資に応じてもらえない‥‥‥等、さまざまです。

 

 

気がかりな注意点 事前にメモで準備しておく

気がかりメモサンプル

 

 項目 購入者質疑 業者回答
・土地、建物の状態に関する情報 東となりのブロックの件 中心線が境界
・建物の権利に関する情報 前者担保の件 週末、名義変更
・売買に関する情報 金額交渉 社内持ち帰り
・借り入れに関する情報 銀行あっせん 提携銀行あり

 

どんなに些細なことでも、気になることはすべて気がかりメモにして、
重要事項説明書と不動産担当者への質疑で消し込む必要があります。

 

ただ、さらに詳しいことは事前に専門家に質疑方法を聞いておくべきです。

 

関連する法律

・都市計画法・建築基準法
・不動産登記法
・借地借家法 ・宅地建物取引業
・建築物の耐震改修促進の法律
・国土利用計画法 ・地価公示法
・建物の区分所有に関する法律
・住生活基本法 ・民法
・土地区画整理法
・品質確保の促進等に関する法律

 

まとめ

木造住宅の購入では、契約してから後悔していては、ダメージが大きすぎます。

 

事前に自分に必要な関心ごとや、些細で気がかりなことでもメモに取るようしておきましょう。

 

重要事項説明書の内容

・取引物件に関する事項
・取引条件に関する事項
・その他の事項

 ⇑

もともと重要事項は4分類ある。

・土地、建物の状態に関する情報
・建物の権利に関する情報
・売買に関する情報
・借り入れに関する情報

 ⇑
気づいた問題は最初に確認。

・注意点を事前メモで記載準備

 

    

-木造住宅
-,

Copyright © , 2019~2020 All Rights Reserved

お問い合せ